≫初診もOK!インターネット
予約はこちら
TEL : 03-5542-0737

電話予約や直接来院もOK!

月~木、土
09:00~13:00 / 15:00~19:00
休診日:金・日祝

予防接種

予防接種について

予防接種

予防接種は、細菌やウイルスなどの病原微生物からつくったワクチン(抗原物質)を接種することによって免疫をつけ、特定の病気に罹りにくくするほか、万一その病気に罹ったとしても軽症で済むために行われます。

厚生労働省および中央区の風しん追加的対策事業

および先天性風しん症候群対策としての風しん抗体価検査・予防接種の受付も行います。
詳しくは下記の各ページをご覧ください。

>>風しんの追加的対策について(厚生労働省)※中央区民で該当する男性向けにも受付を行います

>>中央区の先天性風しん症候群対策(風しん抗体価検査及び予防接種費用助成)

麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)

関東を中心に平成30年7月頃から風疹が流行しています。風疹は妊婦さんにとって非常に問題となる感染症です。妊娠初期に妊婦さんが風疹にかかると胎児に影響して心疾患、白内障、難聴などの先天性風疹症候群になる可能性があります。風疹に罹ったことが無い場合や風疹の抗体が低い場合、妊娠したい女性はもちろんその周囲の人にもワクチン接種が勧められています。昭和54年4月以前に生まれ以降の男性は風疹ワクチンを一度も接種していない可能性があります。

日本では平成27年に麻疹(はしか)の排除状態であることが認定されましたが、海外からの輸入例のため、成人の麻疹が増えています。麻疹ウイルスの感染経路は、空気や飛沫や接触で感染します。その感染力は非常に強く免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症します。麻疹の合併症としては肺炎があり、まれに脳炎になることもあります。昭和52年4月以前に生まれの方は男女ともに麻疹ワクチンを受けていない可能性があります。

麻疹、風疹とも効果的な治療はなく対処療法が中心となります。予防接種が最も有用で接種することによって、95%以上の人がウイルスに対する免疫を獲得することができると言われています。また、2回の接種を受けることで1回の接種では免疫が付かなかった方の多くに免疫をつけることができます。副反応として多いのが発熱です。また1週間前後で発疹を認めることもあります。その他に、鼻汁、注射部位の紅斑、硬結などがあります。

風疹は、麻疹はともに排除が望ましい感染症であると言われています。厚生労働省は、2020年までに風疹排除の達成を目標にしています。現在は、風疹や麻疹の単独ワクチンではなく麻疹風疹混合ワクチンを接種することが中心となっています。この混合ワクチンを接種することにより同時に二つの感染症の予防対策になります。WHO(世界保健機関)は、ウクライナ、インド、ブラジル、フィリピンなどでは依然として多くの麻疹の発症があると報告しています。厚生労働省は、アジアやアフリカ諸国への渡航の際、麻疹の感染の既往が無い場合や予防接種を受けたことが無い場合にはMRワクチンの接種を勧めています。

尚、麻疹風疹混合ワクチンは生ワクチンであり妊娠中の方(あらかじめ約1ヶ月間の避妊)は接種できません。また、接種後、2ヶ月間は避妊が必要です。

風しんの予防接種で未来の赤ちゃんを守れます

中央区の風しんの追加的対策について

中央区の風しんの追加的対策について、当院にて抗体価検査・予防接種の受付を行います。
詳しくは下記の各ページをご覧ください。

先天性風しん症候群の対策として無料で風しん抗体検査や予防接種が受けられます。 詳しくは以下の中央区のホームページを参照して下さい。
>>先天性風しん症候群対策(風しん抗体価検査及び予防接種費用助成)

これまで公的な風しんの予防接種を受ける機会がなかった世代の男性を対象に、風しん第5期予防接種が定期化されました。
>>風しん第5期定期接種(成人男性)がはじまります

帯状疱疹ワクチン(水痘ワクチン)

帯状疱疹は、水痘(水疱瘡)の原因である水痘帯状疱疹ウイルスに感染して発症します。感染のはじめは水痘を発症します。水痘が一旦治った後、後根神経節と呼ばれる部位にこの水痘帯状疱疹ウイルスが潜伏することになります。しかし、ストレスや疲れなどがきっかけとなりウイルスに対する抵抗力が低下すると、数十年の年月を経て水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化して、帯状疱疹を起こします。2014年から小児の水痘ワクチンの定期接種が開始され小児の水痘が減少した一方で成人の自然感染によるブースター効果が薄れ帯状疱疹となるリスクが高まったと言われています。

帯状疱疹の発症を予防する唯一の方法がワクチン接種で、発生率を約50%減少させることが可能となり、帯状疱疹を発症しても軽症ですむと言われています。アメリカ合衆国では帯状疱疹ワクチン接種は義務づけられています。日本でも厚生労働省から水痘ワクチンを帯状疱疹予防の目的で50歳以上の成人に接種する勧告ありました。ワクチンの効果は接種後5〜10年くらいです。

肺炎球菌ワクチン

肺炎とは細菌やウイルスなどの病原微生物が肺に感染して炎症を起こしている状態です。これは呼吸器の防御機能が病原微生物を排除できなかった場合、病気やストレスなどにより免疫力が低下している場合など、感染力が防御力を上回った際に、病原微生物が上気道から下気道、そして肺にまで入り込んで感染して最終的に肺炎となるのです。とくに肺炎は、高齢者の方や基礎疾患を持っている方などにかかりやすく、しかも治りにくいという特徴もあるため、ワクチン接種は65歳以上の高齢者には強く推奨されており、また心筋梗塞や狭心症などの心臓の病気、喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器の病気、糖尿病、腎臓の病気などの持病を持っている方、脾臓摘出を受けた方などにも推奨されています。肺炎の原因菌で最も多いのが、肺炎球菌(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われます)です。ワクチンを接種すれば肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防や重症化を防ぎます。肺炎球菌ワクチンは、接種してから抗体(免疫)ができるまで、約3~4週間かかります。 接種した部位が赤くなったり、腫れたり、熱を持ったり、痛みがでたりしますが、通常5日以内には治まります。

また、インフルエンザワクチンの接種を併せて行うと、肺炎予防の強化につながります。そのため、肺炎予防には、肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。

高齢者肺炎球菌定期予防接種について受付を行います。
詳しくは以下をご参照ください。
>>高齢者肺炎球菌定期予防接種のお知らせ

インフルエンザワクチン

インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症をインフルエンザと言います。同ウイルスに感染すると1~3日くらいの潜伏期間を経て発症し、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れます。併せて普通の風邪と同じように、喉の痛み、鼻水、咳などの症状も見られます。高齢者や基礎疾患をもつ方では肺炎を併発するなど、重症化することがあります。

インフルエンザを予防する有効な手段のひとつに流行前のワクチン接種があります。毎年少しずつ性質を変えるインフルエンザウイルスは、異なるタイプが流行しますので、それに対抗するためにも、予防接種は毎年行う必要があります。接種してから効果が出るまでに2週間ほどかかりますが、その効果は約5ヵ月間持続すると言われています。

料金(税込)

13歳以上 3,500円(税込)
13歳未満 1回目 2,500円(税込)
13歳未満 2回目 2,500円(税込)

予防接種後の注意点について

予防接種終了後30分程度は、接種を受けた医療機関にそのまま留まるか、医師とすぐに連絡が取れるようにしておいてください。接種部位に異常な反応が現れたり、体調に変化が生じたりしたような際は、速やかに医師の診察を受けてください。また、接種部位は清潔を保ち、接種後24時間以内は体調が変化する怖れがありますので、過激な運動や過ぎた飲酒は控えるようにしてください。

院長
伊藤 一成(イトウ カズシゲ)
診療科目
内科、外科、内視鏡検査、健康診断
住所
東京都中央区新川2丁目28-2 
メディカルプライム新川3F
TEL
03-5542-0737
アクセス

JR武蔵野線・京葉線・東京メトロ日比谷線
「八丁堀駅」B4出口より徒歩6分

東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町」駅より徒歩11分

東京メトロ有楽町線「新富町」駅より徒歩11分

JR「東京」駅八重洲口より都営バス11分

診療時間
休診日:金曜、日祝
  日祝
9:00~13:00
15:00~19:00