≫初診もOK!インターネット
予約はこちら
TEL : 03-5542-0737

電話予約や直接来院もOK!

月~木、土
09:00~13:00 / 15:00~19:00
休診日:金・日祝

高尿酸血症(痛風)

高尿酸血症(痛風)とは

高尿酸血症

高尿酸血症とは、体内の血液中にある尿酸が過剰な状態を指します。水分に溶けにくい尿酸は血液中に尿酸塩として残り、それが増え過ぎると針のような結晶の形で関節付近に集まり、溜まっていきます。特に足の親指の付け根付近に集まってしまうと赤く腫れる炎症発作が起き、激しく痛みます。「風が吹いても痛い」というところから痛風と呼ばれます。
高尿酸血症を発症している場合、脂質異常症、糖尿病などを併発している場合が多く、そのまま放置し続けると、心疾患や腎障害、脳管結石などを合併する事があります。

原因としては、尿酸の元となるプリン体を大量に摂取(レバー類、アルコール、魚卵など)していたり、先天性代謝異常症や造血器の病気などによって尿酸の産生が増加したりしている、遺伝的要因や腎臓機能の低下などで尿酸を排出しにくくなっているといったことが考えられます。

痛風の症状に耐えられくなってはじめて病院へご相談される方も多くおられますが、血液検査で尿酸値を測定して診断すれば、痛みが出る前に治療を始めることが可能です。血清尿酸血の数値が7.0mg/dLを超えた状態になったら、尿酸値を下げる治療を検討します。
まず生活習慣の改善(食事療法、運動療法)から行い、食事療法では、プリン体を多く含む食品やアルコールを控えて野菜やきのこ類などを摂るようにします。また運動療法では、ウォーキングや水泳などを継続して行います。また水分を充分に摂って尿量を増やし、尿と一緒に尿酸を排泄していくようにします。
また生活習慣の改善だけでは尿酸値を正常値に戻すことが困難な場合、尿酸の生成を抑制する薬などを服用する薬物療法も併せて行います。

院長
伊藤 一成(イトウ カズシゲ)
診療科目
内科、外科、内視鏡検査、健康診断
住所
東京都中央区新川2丁目28-2 
メディカルプライム新川3F
TEL
03-5542-0737
アクセス

JR武蔵野線・京葉線・東京メトロ日比谷線
「八丁堀駅」B4出口より徒歩6分

東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町」駅より徒歩11分

東京メトロ有楽町線「新富町」駅より徒歩11分

JR「東京」駅八重洲口より都営バス11分

診療時間
休診日:金曜、日祝
  日祝
9:00~13:00
15:00~19:00