≫初診もOK!インターネット
予約はこちら
TEL : 03-5542-0737

電話予約や直接来院もOK!

月~木、土
09:00~13:00 / 15:00~19:00
休診日:金・日祝

肛門の病気

痔について

痔

肛門の病気の主な症状として、出血、痛み、肛門の痒み、脱出、腫れ、などがあります。主なものは、痔核(イボ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(肛門周囲膿瘍)です。イボ痔や切れ痔の出血の多くは鮮血(鮮やかな赤)であることが多く、黒みがかった赤や便に混ざった血は、大腸がんなど痔核以外の病気の可能性があります。肛門の病気は問診、指診、肛門鏡検査などで行います。最近では、3人に1人の割合で痔に罹患しているとも言われ、決して珍しい病気ではありませんが、痔の症状には直腸がんや肛門がんなど、重篤な病気が隠れていることもあります。

代表的な痔の種類

痔核(イボ痔)

痔核とは、肛門付近の血流が悪くなり血管が鬱血し静脈がこぶ状に膨らんだ状態です。症状としては、肛門周囲にイボに似た出来物が生じるほか、排便時に出血が見られるようになります。なお、痔核は場所によって、内痔核と外痔核に分けられます。内痔核は、肛門の歯状線(直腸と肛門の境)より内側に生じた痔核で、初期は出血する程度で、痛みをほぼ感じませんが、痔核が大きくなると脱出(脱肛)することがあります。外痔核は、肛門の歯状線の外に生じた痔核のことです。肛門周囲の血流が悪くなることが発症の主な原因です。肛門周囲の血管に血栓が詰まって血流がうっ滞することで、肛門の外側に血まめができることもあります。

治療には保存療法と手術療法があります。多くは薬物療法(経口薬や注入軟膏・坐薬、緩下剤の服用など軟骨など)で治りますが、大きくて痛みが強いもの、血の塊を取り除く必要がある場合は手術療法も検討されます。その他、便秘の改善や排便時の長時間のいきみを避けて、規則正しい排便習慣をつけることが重要で、飲酒や冷えも痔核の悪化の原因と考えられています。お風呂に入って温めるのも効果的です。

裂肛(急性・慢性)

肛門上皮が便秘や下痢などにより切れてしまうことを裂肛と言います。症状としては痛みや出血などです。治療については、薬による排便のコントロール、軟骨や座薬による治療を行います。薬で改善の傾向が見られない場合は、手術療法も考慮します。

痔瘻(じろう)

直腸・肛門周囲膿瘍(直腸・肛門部とその周辺の皮下、粘膜下、筋間などに膿が溜まった状態)が自潰もしくは排膿して瘻管(トンネルのようなもの)ができた状態が痔瘻です。診断としては問診、指診、肛門鏡が有用で索状物を触知や瘻孔(トンネルの入り口や出口)を確認します。

痔瘻の治療は保存的治療が難しく手術が基本となります。痔瘻の入り口である原発口の切除と感染の原因となった原発巣の切除、そして適切なドレナージ(膿や浸出液などの排液が通る逃げ道)の作成が重要です。

院長
伊藤 一成(イトウ カズシゲ)
住所
東京都中央区新川2丁目28-2 
メディカルプライム新川3F
TEL
03-5542-0737
アクセス

JR武蔵野線・京葉線・東京メトロ日比谷線
「八丁堀駅」B4出口より徒歩6分

東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町」駅より徒歩11分

東京メトロ有楽町線「新富町」駅より徒歩11分

JR「東京」駅八重洲口より都営バス11分

診療時間
休診日:金曜、日祝
  日祝
9:00~13:00
15:00~19:00