≫初診もOK!インターネット
予約はこちら
TEL : 03-5542-0737

電話予約や直接来院もOK!

月~木、土
09:00~13:00 / 15:00~19:00
休診日:金・日祝

消化器内科

こんな症状はご相談ください

消化器内科
  • お腹の調子が悪い
  • 胃が痛い
  • 胃もたれがする
  • 吐き気がする
  • 胸やけがする
  • 食後、背中が痛くなる
  • 便秘がちである
  • 下痢を繰り返す
  • 血便が出た
  • 体が黄色くなった
  • 食欲が無い
  • 急に体重が減少した
  • 顔色が悪いと言われる
  • ピロリ菌の検査を受けたい など

代表的な疾患

逆流性食道炎

強い酸性の胃酸が含まれた胃液や胃内の食物が食道に逆流することで、食道が炎症を起こしてびらん(粘膜のただれ)や潰瘍を生じる疾患が逆流性食道炎です。胸やけをはじめ、酸っぱい液体が口まで上がってくる、胸が締め付けられるような痛み、咳などの症状が起こります。主な原因としては、胃から食道への逆流を防ぐ仕組みが働かなくなり(下部食道括約筋が緩み)、胃の内容物が食道に逆流して長く留まるといったことが考えられます。治療に際しては、胃酸分泌抑制剤を服用しますが、同時に生活習慣を改善する必要があります。肥満な方であれば減量に努めます。そのほかにも、食後すぐには横にならない、コーヒー、アルコール、炭酸飲料など刺激物は控える、禁煙を行うといったことも大切です。

急性胃炎

胃の粘膜に急性な炎症が起こる状態を急性胃炎と言います。これは、ストレス、刺激の強い食べ物、痛み止めなどの薬の副作用、細菌などの食中毒といったことが原因として考えられます。症状としては、胃部不快感やみぞおち辺りの痛みのほか、吐血や下血などを伴うことがあります。胃炎の原因がはっきりしている場合は、まずそれを取り除くことが重要です。薬の副作用が原因の場合もあり処方した医師にご相談していただくこともあります。胃酸を抑える薬としてプロトンポンプ阻害薬やH2阻害薬なども用います。また、出血がひどい時は、内視鏡による止血を行うこともあります。

慢性胃炎

何かしらの原因があって慢性的に胃粘膜が炎症を起こしている状態が慢性胃炎です。その原因の一つとしてヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染が考えられます。そのほかにもストレスや薬の副作用、暴飲暴食など生活習慣の乱れが原因で発症することもあります。主な症状は、胃のもたれや不快感、食欲不振や吐き気などです。ピロリ菌感染が診断された場合は、除菌治療を行うことが勧められています。

≫ ピロリ菌はこちら

胃・十二指腸潰瘍

主に胃液によって胃や十二指腸の粘膜がただれてしまい深い傷を負っている状態です。通常であれば胃や十二指腸は胃液で傷がつかないように粘膜でコーティングされていますが、このコーティングが壊れてしまうと粘膜が傷つき、悪化すると胃や十二指腸に穴が開くこともあります。主な原因として考えられているのがピロリ菌の感染です。そのほかにも喫煙、ストレス、痛み止めの副作用、刺激物の過度な摂取なども挙げられます。胃や十二指腸が傷つくことで、みぞおちに痛みを感じることが多く、胃潰瘍では食事中や食後に、十二指腸潰瘍では空腹時に痛みを感じやすくなります。治療は、主に胃酸の分泌を抑える薬による薬物療法となりますが、潰瘍に出血があれば内視鏡で止血、ピロリ菌の感染が確認されれば除菌を行います。また、痛み止めが原因であれば服用を中止します。

胃癌

胃壁の最も内側にある粘膜の細胞が、がん細胞に変化してしまった状態が胃癌です。最も大きな要因として考えられているのがピロリ菌による胃壁の損傷です。そのほかにも喫煙、暴飲暴食、塩分の多い食事の過剰摂取といった食生活の乱れ、遺伝子異常といったことが原因となることもあります。初期の段階は、症状が出づらく、健診や人間ドックの際に初めて発見されることも少なくありません。そのため定期的に検査を受けることが、胃癌の早期発見には最も重要です。進行すると胃痛、胸やけ、食欲不振、吐き気などの症状がでることもあります。慢性胃炎や胃潰瘍でも似たような症状は現れるので胃カメラなどでしっかり鑑別する必要があります。

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎とは、ウイルスや細菌、寄生虫などに感染することで発症する胃腸炎です。代表的な感染性胃腸炎として、腸管出血性大腸菌腸炎(O157など)、サルモネラ腸炎、ノロウイルス腸炎、カンピロバクター腸炎などがあります。症状としては下痢、嘔吐、悪心、腹痛、発熱などがあります。ウイルスを原因とする感染性胃腸炎に対しては特別な治療法はなく、症状を軽減する対症療法(整腸剤の服用など)が行われます。細菌が原因であれば、抗菌薬を投与することがあります。乳幼児や高齢者では、下痢による脱水症状を起こすことがあり、経口補水液を摂取するなど水分補給が必要です。下痢止めを使用すると菌を腸の中に閉じ込める可能性があります。

便秘症

3日以上排便がない状態または毎日排便があっても残便感がある状態を便秘と言います。便秘(症)の主な原因には、食生活、運動不足、ストレスや腹筋力の低下、体の冷え、女性ホルモンの乱れなどが挙げられますが、実際にはいくつかの原因が絡み合っています。市販の整腸剤や便秘薬を使っても便秘が治らないという場合は、大腸がんなどの別の病気が潜んでいる可能性があります。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは、明らかな器質的な疾患がなく腹痛・下痢・便秘など、胃や腸の不調を繰り返している状態で、主に4つのタイプ(便秘型、下痢型、混合型、分類不能型)に分類されます。原因としては、患者様ご自身が感じるストレスや不安、過労や緊張、自律神経の乱れにつながり、暴飲暴食、アルコールの過剰摂取、不規則な生活習慣などが引き金となって腸の運動や消化液の分泌活動に異常がみられ、下痢や便秘といった症状が現れるのではないかと考えられています。また、抑うつなどの精神症状を伴うこともあります。腹痛は、排便をすることで症状が和らぐことが多いようです。治療としては多種多様で下痢止めの薬や整腸剤、抗コリン薬、消化管機能調整薬などがあります。ストレスが原因であれば、それを回避するように、また暴飲暴食や不規則な生活習慣が原因であれば、日頃の生活習慣の改善も併せて行います。過敏性腸症候群は予後良好な疾患ですが症状の寛解や増悪を繰り返す場合が少なくありません。

急性虫垂炎

発熱と右下腹部痛でまず疑われるのが虫垂炎(盲腸)です。盲腸の先の虫垂というネズミのしっぽみたいな部分に炎症が起きることを虫垂炎と言います。初期の虫垂炎は、みぞおちが痛むことがありますが次第に右下腹部に限局した痛みに変わります。類似した疾患に憩室という腸の一部が外に突出した部分に炎症が起こる憩室炎や急性腸炎などがあります。検査としては血液検査や超音波検査、CT検査などがあります。炎症が軽度であれば抗生剤などで治療可能ですが炎症が強い場合は手術が必要になります。

胆石症

胆のうや胆管(胆汁がながれる細い管)に石ができた状態で、時に発熱や右上腹部に激しい痛み、黄疸を呈する病気です。胆のうに石ができたものを胆のう結石といいます。ほとんどが無症状ですが時々発熱や右上腹痛などの発作を起こすことがあります。検査としては血液検査、超音波検査、CT検査などを行います。胆石症は良性疾患であるため炎症がなければ経過観察も可能です。手術の場合は、胆のうを摘出しますが多くの場合、腹腔鏡手術が行われています。

院長
伊藤 一成(イトウ カズシゲ)
住所
東京都中央区新川2丁目28-2 
メディカルプライム新川3F
TEL
03-5542-0737
アクセス

JR武蔵野線・京葉線・東京メトロ日比谷線
「八丁堀駅」B4出口より徒歩6分

東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町」駅より徒歩11分

東京メトロ有楽町線「新富町」駅より徒歩11分

JR「東京」駅八重洲口より都営バス11分

診療時間
休診日:金曜、日祝
  日祝
9:00~13:00
15:00~19:00